今何縫ってる? 〜 Atelier Brunetteのダブルガーゼでコクーンシャツ 〜

7月 12, 2019

夏はソーイングも!ということで、amirisuではみんなせっせと洋服づくりをしています。ちょうど新しいファブリックが入荷して来ていて、気持ちも盛り上がっているところ。Merchant & Mills、そしてAtelier Brunetteのお取り扱いに力を入れているところです。

amirisuで取り扱っている海外パターンの他にも、お気に入りの本が色々とあります。そのうちのひとつが、昨年発売されたATELIER to nani IROのソーイングクローゼット。この本はオススメポイントが色々あるのですが、まずは「難易度x所要時間別に紹介されている」こと。初めての方は2~3時間でできるものから、気軽にチャレンジできます。もう一つは「5サイズ展開」。もともとゆったりしたデザインが多いので多少のサイズ感のズレは問題ないと思いますが、5サイズ刻んであると、安心して自分のサイズを選ぶことができます。私はMサイズを普段作っています。

この本、作り方はかなり簡略化されています。ソーイング上級者なら、「普通ここにコバステッチ入れるよね」というところが省かれていたり。だからこそ初心者でもすぐにトライできるのですが、気になる方はいくらでも自分でアレンジが可能だと思います。

 

今回は、Atelier Brunetteのダブルガーゼでコクーンシャツを作りました。このデザイン、実はコクーンドレスをベースに、nani IROが短くアレンジしたシャツ。先日トクコさんと2人で大阪のアトリエショップに行った時に見つけ、採寸してきました。後ろ身頃が着丈60cm、前はそれよりも8cm短くなっていて、脇から適当にカーブを作っています。(ショップでも「カーブは適当に」と言われました)短くなった分、縫うのも早いし簡単です。

カーブにすることで、裾の3折りができません。ですので、脇と裾を続けてジグザグミシンで処理し、出来上がり線に沿ってただ折り返しているだけ。簡単です。

コクーンドレスも作ったのですが、脇の縫い代を縫ってからアイロンで割るのが大変なので、縫う前に先にアイロンを掛けておくのが早くてオススメです。

このダブルガーゼ、透けないので1枚でさらっと着ることができます。お尻まで隠れるし、軽いし、夏の日常着にとってもオススメです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

本はこちらから

ファブリックはこちらから. 1.5m使用しました。

ダブルガーゼは新色が入荷しました!どれも可愛くて、取り合い中です❤︎






ブログに関連する記事

SUBLATIONの作品を試着してみました!(後編)
SUBLATIONの作品を試着してみました!(後編)

9月 17, 2021

Daruma Collection 2021 SUBLATION。どの作品も素敵です!

続きを読む

WALNUT Kyoto 一時休業のお知らせ
WALNUT Kyoto 一時休業のお知らせ

9月 11, 2021

WALNUT Kyotoは、2021年9月30日をもって一時休業することにいたしました。

続きを読む

amirisu podcast 26
amirisu podcast 26

9月 10, 2021

今回はデザイナーのeri shimizuさんをお迎えしています。

続きを読む