TAUKO Magazine Issue No. 4

レビューを書きましょう

TAUKO

インディーズソーイングマガジン TAUKO Magazineの第4号です。

世界の様々なデザイナーによる10個のパターンが掲載。
第4号のテーマは Fungi。菌界です。「菌の世界のパターンってどんなだろう?」と思ったら、確かに森林の中で着たら良さそうな素朴でシンプルなパターンが載っています。ワンピースやパンツやジャケットまでバラエティに富んでいます。
また、キノコ類で天然染料を作る基本も紹介されていて、エッセイやコラムも充実しています。これから迎える秋が楽しみになる一冊です。

ビギナーからエキスパートまで様々なレベルの作品が載っています。
サイズ展開が幅広く、胸囲78cm〜146cmまで対応しているのが嬉しい。

実物大の型紙が付きます。
型紙は縫い代入りで、ハトロン紙などに写しとって使います。

全文英語です。
作り方はありますが図が少ないので、英語が読める方・ソーイングの経験があり作り方の予測のできる方にお勧めします。

- 128 ページ
- 275mm x 215mm
- 4枚の型紙が入っています

発売日:2022年7月19日

 

The 4th issue of TAUKO slows down to take a look at what grows right next to our feet. The issue is dedicated to the fungi world, understanding mycorrhiza and introducing the basics for creating natural dyes with mushrooms. The magazine features ten sewing patterns by independent designers inspired by the fungi and plant world. Making use of soft linen, wool, poplin and hand dyed fabrics the dresses, trousers and jackets come with many variations for differently skilled sewists.

All patterns come in 9 sizes from bust width 31” / 78cm to 57.5” / 146cm.

SEWING PATTERN DESIGNERS: Vivian Shao Chen, Floriane, Vanessa Hansen, Jasmin Henzi, Kristína Šipulová, Andini Wijendaru and Cris Wood

Articles, essays and columns:
Maker story: Gathering craftsmanship by Kristína Šipulová
Interview with textile illustrator Satu Kontinen: Flowering Textiles
An Introduction to mushroom dyeing by Julie Beeler
Creative Fungi: Mila Moisio in conversation with Julie Beeler
Illustrated story: Making with Mycelia by Christine Liu
Clothing and Identity, essay by Maibe Maroccolo
A column: In Relationship to plants by Katrina Rodabaugh
Craft letters: From Brisbane with love by Sue-Ching Lascelles
+Book Reviews

FORMAT
- 128 pages
- 275mm high x 215mm
- Includes 4 folded paper pattern sheets
- Printed in Estonia with a glue and stitch binding

Released: July 19, 2022