【sewing kit】たつけ キット -Daruma Soil-

レビューを書きましょう

amirisu

1 個の在庫

amirisu issue 20でご紹介しました石徹白用品店。
私たちamirisuチームは研修旅行として岐阜の石徹白用品店を訪れ、「たつけ」作りを習ってきました。
作るのも着るのも楽しい「たつけ」。実際に扱ってみて縫いやすかった生地と、絶対にかわいくなる糸を付けてキットにしました。

「たつけ」は農作業の時に誰もが穿くズボンとして、石徹白で作られてきた民衣です。お尻にゆとりがあり、足裾が絞ってあるので、動きやすく、どんな作業にも最適な形です。試行錯誤して少ない生地で動きやすいズボンを生み出した、型紙なし・全て直線裁断・直線縫いのズボンで、石徹白用品店によって現代の私たちが日常的に着られるデザインになっています。

まっすぐ縫うだけなので、難しくありません。直線裁断のピースをチクチクと縫い合わせて、形のよいズボンに仕上がった時の喜びと驚きをお楽しみください。

キット内容
・たつけの作り方 (冊子・石徹白洋品店)
・Daruma Fabric Soil (リネンキャンバス) 1.5m
・Daruma 刺し子糸 カード巻き
お節介で、私たちが実際に縫ってみてポイントだと思ったところを書いたお手紙も同梱します!

その他用意する物
・ウェストゴム 幅:1〜2cm程度 長さ:ウェスト周りの寸法+3cm程度
・縫針、裁ちばさみ、チャコペンなど裁縫道具一式

サイズ目安(ヒップサイズ)
サイズ1 ( 2, 3, 4 ) = 82〜92 ( 86〜96, 94〜100, 100以上 ) cm

布地に合いやすいミシン糸
Darumaミシン糸
Sumi : 3287
Shiro : 875
Nezu : 813
Ao-nezu : 695
Hi-iro : 299
Oudo : 3315

その他
サンプルは手縫いでステッチを入れています。
全て手縫いで、部分的にミシンを使ってなど、お好みにあった方法で縫ってみてください。

ポケットは四角に切った余り布を、ポケット入れ口の部分だけ折り曲げて縫い付けてあります。

・サンプル色
 Oudo - kasuri 302
Shiro
 Shiro - Ivory 202
Nezu
 Nezu - kasuri 401
Ao-nezu
 Ao-nezu - kasuri 303
Hi-iro
 Hi-iro - Red 213
・Sumi
 Sumi - Lt.Grey 217