樋口愉美子のアップリケ刺しゅう

Nihon Vogue

今最も注目されている刺しゅう家 樋口愉美子さんが、初めて「アップリケ刺しゅう」の切り口で出す本です。それは大人の女性が日常で使える、洗練されたデザインのアップリケ。花や植物を中心に、昆虫や鳥といったモチーフが、センス溢れる色づかい、そして絶妙な間合いの配置で繰り広げられます。大きな面をアップリケで表現するので、刺しゅうより早く仕上がるのが魅力。アップリケのテクニックや刺しゅうの基礎は詳しく解説しているので、初心者さんも安心してください。バッグやポーチなどの実用品にあしらった例もまじえ、作品40点を掲載。

デザイン・製作 樋口愉美子:1975年生れ。多摩美術大学卒業後、ハンドメードバッグデザイナーとして活動。ショップでの作品販売や作品展を行なった後、2008年より刺繍作家としての活動を開始する。植物や昆虫など生物をモチーフにしたオリジナル刺繍を製作発表している。




関連商品