amirisu Travel vol.1 パターン紹介 〜Hike編〜

2月 01, 2022

amirisu Travel vol.1 パターン紹介 〜Hike編〜

amirisu Travel vol.1、発売日が近づいてきました!

雑誌のamirisuとちがい、Travelには春夏のパターンも秋冬のパターンも掲載されています。一年を通して、複数のニットを編んでみてもらえるとうれしいです。

さて、寒いのでまだまだウールが編みたい気持ち。ということで、今回はHikeを使ったパターンをご紹介します。

まずは表紙を飾ったSaho。

ほっこりしたアラン模様のカーディガン帽子のセットです。

カーディガンは、ケーブル、鹿の子、ハニカム模様が全面にあしらわれていて編みごたえ抜群。最後まで飽きずに編めそうです。

デザイナーのMegumiさんは、デザインを考える時にいつも糸からスタートするそう。糸を触ってみて、編んでみて、どんな編み地が合うのか考える。今回は、Hikeの撚りの強さを生かすため、ケーブルをたくさん使うことに。ケーブル模様をどう配置するとバランスが良くなるか、スワッチを何個も編んで試したそうです。

ゆったりしたデザインなので余裕があり、薄手のセーターに重ねることもできると思います。

手で持つとずっしりと重いのですが、着てみると意外と重さを感じません(本当に!)。ぜひ、お店に来てサンプルを着てみてほしいです。

帽子には、カーディガンとは少し違ったケーブル模様が使われています。
けっこう深さがあるので耳まですっぽり覆えて暖かい。浅めにかぶり、先をくしゃっとさせてもかわいいです。

 

こちらは丸ヨークのセーター、Asuka

この色の組み合わせ、白、カーキ、ベージュ、茶色、薄いデニムなどなど、さまざまな色のパンツに合わせやすそうで万能!

デザイナーのMikiさんによると、トラベルといえば「自然」のイメージ。サンプルの色合いは、リスのしっぽときのみをイメージしてデザインしたそうです。そう思って模様を見ると、小さなリスが潜んでいそう。

今回、モデルのkazumiさんはキャップを合わせているのですが、実はこちら、ヘアメイク吉川さんの私物。若草山の山頂で撮影したのですが、その日は風がものすごく強く、せっかくセットした髪の毛もぐちゃぐちゃに。そんなときに吉川さんが自分の帽子をサッと脱ぎ、kazumiさんに被せてくれたんです。すると、コーディネートにもピッタリ合って、ちょっとやんちゃな少女のような雰囲気に。あまりにしっくり来て、一同うれしいのとなんだかおかしいのとで、一瞬寒さも吹き飛びました。臨機応変に動けるヘアメイクさん、すごいです。

…と、話が脱線しましたが、このセーターは色を変えるとどんな雰囲気になるんでしょうか。全く違うものになりそうで楽しみです。皆さんの作品、インスタグラムに投稿して見せてくださいね。

 

3つ目は、クラシックな雰囲気のベスト、Uda

奈良に馴染みのない方はUdaが変換できないと思うのですが「宇陀」と書きます。Hikeは川の名前から色名をつけており、宇陀川から取りました。

きっちりと上品なベストです。写真のようにTシャツに合わせても決まるし、もちろんシャツにも合います。

上部はメリヤス、下の方にはさりげなく斜めに模様が入っています。模様は、裏編みするだけ。簡単に出来ますよ。

ユニセックスに着られるよう、なるべくシンプルなデザインになっています。男性へのプレゼントにも喜ばれそう。Hikeは手触りがさっぱりしているので、もふもふせずかっこよく着られると思います。

胸のポケットがちょっぴりアクセントになっています。デザイナーのHiromiさんからは、「もし余り糸があったら、ポケット口の縁だけ色を変えてもかわいいと思います」とのアドバイス。ぜひ試してみてください。