Piiloが編みたい!

6月 26, 2021

Piiloが編みたい!

見た瞬間に一目惚れです。

Laine Magazineの編集長でもあるJonna Hietala。彼女のデザインはどれもシンプルでありながらスタイリッシュ。

今週発表されたセーターPiilo (フィンランド語で隠れ家という意味)もカジュアルな形ではあるのですが、少し立ち上がった首元のスタイルや袖口のリブの感じがなんとも素敵。このハッキリとしたストライプにも目を引かれます。

私は”すぐに編んで今着られる”ものを編むのが好きなのですが、これはWorsted weightのセーター。でも手元が熱くたって、数ヶ月先にしか着られなくたって編みたい!そんな風に思わせてくれるデザインです。早速編んで秋に備えたいと思います。

 

 






ブログに関連する記事

amirisu Mystery KAL始まりました!
amirisu Mystery KAL始まりました!

9月 25, 2021

続きを読む

WALNUT Tokyo アルバイト募集のご案内
WALNUT Tokyo アルバイト募集のご案内

9月 22, 2021

WALNUT東京店ではアルバイトスタッフを募集します。
ご応募をお待ちしております。

続きを読む

SUBLATIONの作品を試着してみました!(後編)
SUBLATIONの作品を試着してみました!(後編)

9月 17, 2021

Daruma Collection 2021 SUBLATION。どの作品も素敵です!

続きを読む