今何編んでる?〜JAMIESON'S SPINDRIFTで編むFIGHTIN' WORDS!〜

12月 28, 2021

今何編んでる?〜JAMIESON'S SPINDRIFTで編むFIGHTIN' WORDS!〜

こんにちは。
クリスマスも終わり、すっかり年末モードですね。amirisuスタッフはお正月の準備や大掃除で大忙しです。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、今年最後にご紹介するのは、慌ただしい師走にも気分が上がること間違いなしのミトン「Fightin’ Words! 」です。東京店スタッフのnaoさんが作りました。

靴下やミトンなど、同じものを二つ作らなければいけないのがつらい時、ありませんか?
片方だけ作って満足してしまい、もう片方がなかなか完成しなかったり。しばらく時間を空けてから編むと、ゲージが変わってしまって左右のサイズが合わなかったり。

このパターンはそんな方にぴったりかもしれません。

バシッ!とかボコッ!とか、強い打撃音を表す「BAM!」「POW!」。左右で違う文字の編み込みが入っています。naoさんも以前靴下を編んだ時に2つ編むのがつらく、このミトンでは左右の色も変えることで気持ちが最後まで続くようにしたそうです。

糸は、フェアアイル用の毛糸として有名なJamieson’s spindrift。色がたくさんあるので色選びも楽しいですよ。
文字がはっきり浮き出るようコントラストカラーを選ぶとかわいいと思います。ravelryのプロジェクトページから世界中の方が編んでいる作品を見てみると、飽きません…!ボクシング選手になった気分で、ノリノリで歩きましょう。

編み込み初心者の方も、小物からだと始めやすいですし、慣れている方は文字の模様部分を自分の好きな文字や数字に変更してみても楽しそう。

手のひら側もちらり。

もともと、手袋やハンドウォーマーが好きでよく使うというnaoさんですが、このミトンは指先が出ているのでやはり真冬には寒いそう。ミトン型にしたり、もっと長くして手先まで隠れるようにしたいとのことでした。

 

詳細

糸:Jamieson’s spindrift

針:Seeknit 短針4号(3.3mm)短針2号(2.7mm)