コーディネート紹介とFLW秋物ウェアのお取り扱い開始

10月 06, 2017

コーディネート紹介とFLW秋物ウェアのお取り扱い開始

Line Weightで編むウェアとショール。キットをお買い上げくださった方も、もう編み始めていらっしゃる方も多いかと思います。

ニットは自分で手編みするけれど、どうお洋服と合わせたらいいか分からない!という声をいただくことが多く、以前から何か提案することができないかと色々考えていました。そこで、この秋から新しい試みとして、既製服のお取り扱いを開始することとなりました。

amirisuのテイストを気に入ってくださっている皆さんにどんなお洋服を紹介したらいいか。自分たちの好きなものを、できるだけ普段着ているお洋服に近いものを、と考えました。幸い、怖いほど好きなものが似通っている私たち。(別な日に別々に同じお店に行って、同じものを買ったことも...) 2人で選ぶのは楽しい作業です。

第一弾は、amirisuのオリジナルアイテムなどを何度も作って頂き、以前からお付き合いのあるfog linen workのウェアをご紹介します。最近は1年中リネンを身につける人が増え、秋冬ウェアに力を入れているブランドです。スタイリストの大橋 利枝子さんがデザインした服を、リトアニアでオリジナル生産。ラインやドレープにこだわりつつ、なんとワンサイズで色々な体型の方に合わせやすい洋服を提案しています。

 

今回はFW2017コレクションから3点をセレクトしました。基準は、amirisuが提案するニットに合わせやすいこと。Ashworthスカーフには、シンプルなリネンのイルヴァワンピースを。グレーのリボンでウエストマークができるので、スカーフをグレーで編んでも素敵にコーディネートできると思います。色は2色、濃い方は薄いグレーやホワイトのスカーフを合わせてもいいですね。

これ、トクコが試着したのですが本当にすっきりとカッコよくて、即決したものです。

ゆったりとしたロングカーディガンを合わせ、ブーツを履くスタイルもオススメです。ウエストマークはしてもいいし、後ろでリボンを結び、少しだけラインを絞っても。

Fibre Co.のArranmore Lightで編むBibbeプルオーバーに合わせているのは、リホというサルエルパンツ。腰回りはゆったりと、裾はだいぶ細身なので、着心地のわりにすっきりと見えます。着崩したい場合は、裾をロールアップで、スリッポンやスニーカーと合わせて。

 

スカートならば、今年は断然ロングを。このユイスカートは、ギャザーではなくてタックが入っているので、ウエストがすっきりと見え、トップスは入れても出してもOKです。

なにより、ビスケット色というこの色が可愛くて。写真のようにシャツとMysteries, She Wroteショールを合わせてもいいし、トップスは14号のSunday Marketなんかも相性がいいと思います。






ブログに関連する記事

Wanderlust新色!
Wanderlust新色!

4月 13, 2021

Wanderlustの新色はどんな場所をイメージしてできた色でしょうか。

続きを読む

Confetti 再び!
Confetti 再び!

4月 09, 2021

VeeraのCenfettiが今の季節にぴったり!

続きを読む

amirisu podcast 18
amirisu podcast 18

4月 07, 2021

今回のpodcastは緒方伶香さんをお迎えしています!

続きを読む