amirisu Travel vol.1 パターン紹介 〜Parade編〜

2月 04, 2022

amirisu Travel vol.1 パターン紹介 〜Parade編〜

パターン紹介の3回目は、ウール、コットン、シルク、リネンの4種類の素材をブレンドしたParadeを使ったデザインです。

 

緩やかな曲線が生み出す、雲みたいな、波みたいな形がかわいいショール、Kyoka
右から左へ向かって編み進める三角ショールで、Parade2かせで編めます。

右半分はメリヤス編みの模様で、左端に近づくにつれてリブ編みの模様に切り替わっていくのがおもしろい。遠目で見ると模様の違いが浮き上がり、太陽の光を受けるとスッと透けてきれいです。

デザインしたトクコさんは、この模様をどうショールに組み込むか、端の部分を模様とマッチさせるにはどうしたらいいか、かなり試行錯誤したそう。

首にさっと巻けるサイズなので、春夏の冷房除けや日除けに使ってもらえるとうれしいです。

 

2つ目は、後身頃のレース模様がゴージャスなカーディガン、Naoya

デザイナーのKeikoさんは「前後で異なる印象を与えるようなデザイン、後ろ姿が目を引くデザインにしよう」と考えたそうで、前身頃と袖はすっきりシンプルになっています。

ただ、前から見た時にプレーンになりすぎないよう、実は首回りと前立ての模様が凝っています。

エレガントな額縁の装飾みたい。(キャンディがたくさん並んでいるようにも見えますね)

ボタンホールも前立てに組み込まれており、糸を切らずに編めるよう考えられています。半袖やノースリーブのワンピースなどにさっと合わせて使ってみてください。

 

Paradeはシルクやリネンも入っているので、触るとひんやり気持ちいいです。
これまでに紹介したHikeやTrekと比べてニュアンスのあるカラー展開になっており、大人っぽい作品に仕上がりますよ。

そして、Paradeのパターン名は作家の名前からつけています。今回は簡単だったでしょうか?
奈良にゆかりのある作家ということで、泉鏡花と志賀直哉です。
撮影地の春日大社の森の近くには、志賀直哉の旧居があります。奈良旅行の際には訪ねてみてくださいね。