表現者になりたい -トクコの編み物仕事遍歴 5-

5月 11, 2019

編み物で6万稼ぐことは当時の私には至難の業でしたので、とりあえず週3のデータ入力の派遣でその分を賄うことにしました。
六本木ミッドタウンの高層ビルで働いていましたが、完全につなぎの仕事でしたので、都会で働くということをそれなりに楽しんでやりました。実は同じフロアに、naoさんも居たのですが、そのお話はまた次の機会に!

編み物の勉強しながらも、この6万円を編み物だけでどうやって達成するか真剣に考える日々が続きます。「編んだ作品の販売をする」が私の最初に考えた稼ぎ方でした。その頃、個人のハンドメイドの作品を販売する大きなイベントや簡単にアップできるネットショップのシステムはまだなく、小さなギャラリーで個人が集まって展示会を開催したり、レンタルボックスでの販売が主でした。
試しに小さなポーチやアクセサリーを作ってそういった場所で販売してはみますが、もちろん大して売れません。

どうしたらいいか模索中の折、夫の関西方面への転勤が決定。2年住んだ神奈川から京都へ移動することになりました。
ちょうど派遣も契約終了となり、資格も取ってタイミング的には良かったのですが、ネットを使って調べあげた関東ハンドメイド販売ルート一覧は使えなくりました。もう、また引っ越しだ!