セータークラブができるまで 3

9月 17, 2019

セータークラブができるまで 3

東京出張中にもコツコツ編んで、袖までやってきました。
半袖でも可愛い気がしたのですが、半袖のセーターなんて着ないので却下。

肩を引き返しして引き抜きはぎではぐのが私のいつものやり方。私がトップダウンを滅多にデザインしない理由は、私自身、トップダウンが着にくいからです。

体が薄い私はトップダウンのような形だと体に引っかかる部分が少なく、セーターが体を泳ぎがち。前にも後ろにも自由自在に動くセーターは、この歳になると着にくくて!
それもあって肩は必ずはぐようにしています。ちょっとした事ですが、毎日着たいセーターですからね。着心地はとても重要。

また、引き返しの時に問題なのが、模様をどう持続するかです。今回は基本は二目ゴム編み模様ですので、ゴム編みを編みながら引き返しすることにしました。
大丈夫、それぐらいはみなさんやれます。

袖は身頃から拾って引き返しで袖山を作るやり方が最近の私の流行り。細い柔らかい糸でこのやり方をやると、引き返しが目立って嫌いなのですが、太い糸はこれが一番簡単で綺麗にやれると思います。綴じはぎするとゴロゴロしますしね。
日本の一般的なパターンしか編んだことのない方には非常に驚きのやり方かと!
でも見ての通り上手くやれていますからご心配なく。

袖口のデザインも考えたし、後はもうゴール目掛けて編む編む編む。次のデザインもぼんやり考え中です。