英語パターンを編みたいあなたへ・3

12月 11, 2017

英語パターンを編みたいあなたへ・3

さて、略語はバッチリ!でしょうか。CO, M1, RS, K. すぐに何のことかわかりますか?日本語文章パターンには慣れましたか?全てにハイ!と答えられた方は、ゴールは間近です。

いよいよ全て英語のパターンに突入!したいわけですが、ここで大きな問題が立ちはだかります。「デザイナー信用できない問題」です。
教えてていつも苦労するのが、英語パターン初心者のみなさんは兎に角デザイナーを信用しない。自分の予想通りの編み方や目数でないと「パターンが間違っているのではないか」と仰る。
ここを説得するのが一苦労です。
もちろん間違っている場合もあるわけですが、最初にお話したRavelryの超人気パターンの場合、エラーは改善されていることが多い。そう、間違ってはいない!

こう思われる原因の一つは、編む流れがよくわからないということです。英語パターンは面白い編み方を使って、パターンの売り上げを伸ばそう精神が多分にありますので、私たちが思ってもみない編み方がたくさんあるんです。
そこが面白いところなんですが、初心者には苦痛なんですよね。気持ちはわかる。

ということで、一番最初に選ぶ英語パターンは「明らかに編み方の流れがわかるパターン」です。
普通のシンプルなウェアや小物。ただのまっすぐ編むマフラーなんかもいいですよね。もし日本語パターンでトップダウンを編んだ方であれば、それでもいいと思います。

そして、パターンを選んだら、パターンを最初は全て翻訳することをお勧めします。ノートに翻訳を書くんです。最後の最後までですよ!そうすると、編み方がわかるはずです。全て翻訳して、編み方の流れを完璧に理解してから編むようにしましょう。ここまで来ると、編む勉強ではなく、語学の勉強です。残念ながらね。

始めはとっても辛い作業なんですが、いつも生徒さんに言うのはウェア3枚は頑張ろうです。3枚やると慣れます。これをやって、読めるようにならなかった方はいませんので、大丈夫。一緒に頑張りましょう。

次はお勧め英語パターン紹介です。お楽しみに。 






ブログに関連する記事

amirisu本誌アーカイブより:
Designer in Focus - Veera Välimäki

9月 03, 2018

続きを読む

京都店改装のお知らせ
京都店改装のお知らせ

8月 15, 2018

続きを読む

Stephen West フェア@東京店のご案内
Stephen West フェア@東京店のご案内

8月 14, 2018

8月は、Stephen Westフェアを開催します!

・場所
WALNUT Tokyo
住所 : 東京都港区南青山 3-15-4 カーサ青山 102

・日時
8/24(金)〜9/1 (土) 11:00-18:00
※金曜のみ営業時間が13:00-20:00になります。
※日月水曜日は定休日です。ご注意ください。

続きを読む