編み物しながら、こんなお茶いかが? 01

8月 08, 2020

編み物しながら、こんなお茶いかが? 01

編み物するときは、お茶しながら。
そんなみなさんに楽しんでほしいお茶を
「TE tea and eating」川西まりさんにセレクトしてもらいました。
この夏、オンラインショップからお届けします!

川西さんは大阪を拠点にするデザインユニット「graf」にてカフェを担当し、
お茶と食にまつわるメニューやプロダクト、イベントなどを手がけてきました。
現在は独立して、「TE tea and eating」を主宰し、活動しています。
お茶&台湾ブームも相まって、注目が高まる中、
yomirisu編集部の私が
お目見えに先駆けて、お茶の魅力を教えてもらいました。
お茶と親しむきっかけになりますように。

 

初めて味わったときの感動が
今もつづいています


川西さんがお茶好きになったきっかけは、
大阪・北堀江にあったアジア料理店「ポーポー屋」で飲んだ台湾茶でした。
台湾・梅山郷の高山茶、梅山烏龍茶。
標高1200mほどの高地で育ち、銘茶として知られます。
お茶の香りを余すことなく楽しむため、小さな急須と聞香杯を使う、
功夫式(クンフー式)で味わったそうです。

「茶葉を蒸らすとき、急須の上からお湯をかけて、ゆっくりと茶葉が開くのを待つ……、そんなふうにお茶を飲むのも初めてのことでした。美味しさに感動して、もっとお茶のことを知りたいと思ったんです」

 



 
それから、「中国茶會 無茶空茶」の中国茶教室に通うこと15年。
教室でも、プライベートでも、さまざまなお茶を味わってきましたが、
飽きるどころか、知れば知るほどはまっていったそうです。

「1回のお稽古で味わうお茶は4〜5種類ですが、毎回発見があるんです。飲んだことのあるお茶でも、去年と今年では味わいが違う。同じものは一つとないから、そのときどきの巡り合わせが楽しみで。「無茶空茶」を主宰する黄安希先生は、二十四節気に合わせてお茶を選び、美しくしつらえて教えてくださって。単にお茶の知識を得るというだけでなく、器、花、書、建築、音楽……、お茶からさまざまな世界に広がっていきました。知る喜びに、終わりはない。年を重ねるほど、喜びは増していきますね。食べることが大好きな先生で、点心や甘いものと一緒に出してくださるのも、食いしん坊のわたしには嬉しくて。お茶と食が、自分自身の活動の軸になっていきました」

お茶を味わい、話を聞いて、知れば知るほど自分自身で体験したくなる。ついにはお茶の産地まで赴むくようになった、川西さん。生産者と話し、茶葉を買い付け、お茶に合うお菓子をつくり、お茶会を開いて……、お茶と人をつなぐ場をつくっています。

「世界中にいろんなお茶があるのは、それだけ生活に根ざしているから。お茶会を開くのも大好きですけど、お茶はどんなときでも楽しめるものだから、もっと日常の中に喫茶の機会をつくっていけたらなって、最近は思っています」

今回、amirisuのために選んでくれたお茶はまさしく、日常で美味しく楽しめるもの。お披露目をどうぞ、お楽しみに。お話は、次回につづきます。



Profile
TE tea and eating
川西まり Mari Kawanishi
台湾・中国茶を中心にお茶会や教室を開催、お茶の販売やオリジナルティー商品開発、 FANTASTIC MARKET(graf) 主宰など、お茶と食を通じて幅広く活躍。オンラインショップ準備中。スケジュールはInstagramにて。
https://www.instagram.com/te_tea_eating/

Editor & Writer
宮下亜紀 Aki Miyashita
京都に暮らし、編集・文章を書く仕事をしています。
amirisuのフリーマガジン「yomirisu」編集担当。
https://www.instagram.com/miyanlife/






ブログに関連する記事

WALNUT Tokyo アルバイト募集のご案内
WALNUT Tokyo アルバイト募集のご案内

9月 22, 2021

WALNUT東京店ではアルバイトスタッフを募集します。
ご応募をお待ちしております。

続きを読む

SUBLATIONの作品を試着してみました!(後編)
SUBLATIONの作品を試着してみました!(後編)

9月 17, 2021

Daruma Collection 2021 SUBLATION。どの作品も素敵です!

続きを読む

WALNUT Kyoto 一時休業のお知らせ
WALNUT Kyoto 一時休業のお知らせ

9月 11, 2021

WALNUT Kyotoは、2021年9月30日をもって一時休業することにいたしました。

続きを読む